狙え男性ウケ!チャットレディで稼げるキャラクター設定10選|DX LIVE 求人ガイド

求人応募ページへ

月収100万円以上多数

狙え男性ウケ!チャットレディで稼げるキャラクター設定10選

チャットレディのお仕事では、身バレ対策として、本名とは別の出演名を設定し、地域も実際の住所とは違うエリアを設定する女性が多いです。

また、職業についても実際のお仕事とは、別に男性にウケる職業設定をしたりします。

いわゆる、キャラクター設定というやつですね。

今回は男性ウケするチャットレディのキャラクター設定について案をご紹介していきたいと思います。

 

男性ウケするチャットレディのキャラクター設定

専門学生・女子大生

18歳〜22歳ぐらいの女性であれば、手っ取り早いのが学生設定です。

若さは武器になるので、もう少し年齢が上でも童顔の人は学生設定にしてしまっても良いと思います。

専門学生であれば、航空・看護・保育・美容系あたりがオススメです。

 

ただし、航空系はルックスが良い方、看護系は多少知識のある方に限定されるので、保育・美容系が無難かもしれません。

女子大生の場合は、専攻や将来目指しているものなどをプロフィールに書くとリアルさが増します。

 

看護士・歯科助手

看護士(ナース)は男性ウケはかなり良いですが専門知識も必要なので、注意が必要です。

歯科助手も男性ウケは良い職業ですね♪

 

保育士

保育士は高度な専門知識の話題にはなりにくいので、無難に設定しやすいです。

子供好きの方であれば、保育士設定も良いと思います。

 

エステティシャン

エステティシャンはそれなりにスタイルがよく、美容に気を使っている雰囲気の女性であればハマります。

エステティシャン系のAVも多いので、そういう話題をしてくる男性も結構いますw

 

CA(元でも可)・グランドホステス

CAは忙しいイメージもあるので、元CAぐらいが良いかもしれませんね。

「元CAだけど、親の介護の事情で諦めて、今は●●をしています。」みたいな設定も良いと思います。

もしくは空港勤務としてグランドホステスの設定にするかですね。

一言コメント、サムネイルメッセージに「元CA」と入っているとかなり興味を引くと思いますよ♪

 

学校の先生

学校の先生は、いわゆる聖職者と呼ばれる真面目なイメージなので、昼は学校の先生、夜はちょっぴりHな・・・というイメージを演出できるので男性の妄想も膨らみ、予想以上に反応は良いです。

 

保健室の先生・音楽、美術の先生

学校の先生もそれなりに知識や教養が求められるため、保健室の先生、音楽、美術の先生という逃げ方もあります。

 

デパートの美容部員

デパートの美容部員も美人なイメージで男性ウケは良いですね。

男性にとっては女性しか立ち入れない聖域のような場所ですw

顔立ちの整った方ならハマると思います。

 

ショップ店員

ショップ店員はかなり無難な設定です。

清楚な雰囲気の方なら雑貨屋さん、ギャルっぽい雰囲気の女性なら水着ショップなど、女の子の特徴にあったショップの設定にするのが良いと思います。

 

カフェ店員

カフェ店員も無難な設定です。

カフェは昼勤務のイメージも強いので、昼間にチャットレディの出演をする人は、カフェバーのようなお店で夜勤務中心などと設定にしましょう。

 

 

チャットでウケる性格的なキャラクター設定は?

ここまで職業として男性にウケるキャラクター設定について書いてきましたが、性格的な部分ではどうでしょうか?

チャットでは清楚系がウケるので、「お嬢様(育ちが良い)」「清純派(男性経験が少ない)」「活発・健康的(スポーツ少女)」など、清純で汚れのないイメージの設定にした方が男性ウケは良いです。

 

また、男性がSで女性がMという構図の方が稼ぎやすいため、「気が強い」「サバサバ」「S」というイメージはオススメしません。

 

理想はちょっぴりMな甘え上手の妹キャラです。

なかなかハードルが高いですね(笑)

 

まとめ

職業も、性格的なキャラクター設定も、本人とあまりにもかけ離れている設定だとしんどいです。

無理のない設定で良いのですが、男性ウケという事をしっかり意識して考えるようにしましょう。

 

なお、業界最高報酬のDX LIVEでうまくキャラクター設定がハマり、ファン・リピーターを作ることができると月収50万〜100万も夢ではありません。

DX LIVEのトップは月収500万ぐらい稼いでいるので。

 

チャット未経験の方も、再挑戦の方も、ぜひキャラクター設定をうまく行って、自分のブランドイメージを作っていってください。

参考になれば幸いです。

 

 

応募・お問い合わせページへ

前のページへ戻る

 

最新記事