チャットレディがセクシーな衣装で待機すべきではない理由|DX LIVE 求人ガイド

求人応募ページへ

月収100万円以上多数

チャットレディがセクシーな衣装で待機すべきではない理由

ノンアダルトでも、アダルトであってもチャットレディはセクシーな衣装で待機すべきではありません。

今回はその理由について解説していきたいと思います。

 

はじめに

多くのライブチャットでは下着や水着での待機を禁止しています。

そもそもしっかり衣服を身に着けた状態でのスタートが基本であるという事をおさえておいて下さい。

 

チャットレディがセクシーな衣装で待機すべきではない理由

1.待機のセクシーな姿を見るだけで満足されてしまう

まず運営が恐れているのがこれです。

無料で見れる待機の時点で、セクシーでエッチな姿が横行すると男性がそれだけで満足してしまいお金を使ってくれなくなります。

安売りな印象にもなりますし、最初から見せ過ぎるのは損しか有りません。

 

2.清純なイメージが作れず。誰にでも見せるという印象を持たれる

チャットではノンアダルトでもアダルトでも、清楚で清純なイメージの女性がうけます。

根は真面目で性格も良いと思われたほうが絶対に有利です。

 

チャットは1時間で1万円近くのお金がかかります。

 

どんな女の子でも良いなら、実際に会えるキャバや風俗に行きますよね。

会うことも触れることもできないチャットにわざわざ高いお金を使う理由は、チャットでしか会えないような女の子と出会いたいからです。

 

3.隠す美学、ギャップの良さを楽しむことができない

古くはチラリズム、最近では着エロという言葉もあったりしますが、昔から日本人男性の興味をそそる、「見えそうで見えない」「隠す美学」というものがあります。

 

最初からセクシーな衣装の女の子がさらに肌けても、あまり興奮しませんが、清純そうでお嬢様のような可愛い服を着ている女の子が少し肌けるだけで男性は大興奮します。

ギャップ、振り幅を意識すれば、男性の心をつかみやすくなります。

 

4.エッチな女性として認識され、一人の女性としてファンになってもらえない

ライブチャットはあくまで画面越しで会う前提のものではないですが、チャットに来る男性は多かれ少なかれ疑似恋愛的な感覚を求めていたりします。

 

疑似恋愛とはいえ、恋愛の対象として女の子を見た時に、待機からセクシーな衣装をみんなに見せている女の子にどういう印象を持つでしょうか?

エッチな娘だなと興味はそそったとしても、彼女にしたいとは思いませんよね。

 

チャットの申込みが入ったとしても、ただエッチな姿を見せてくれる女の子という印象になるだけで、こんな娘を彼女にしたい!応援したい!とは思ってもらいにくく、強いファン・リピーターには育っていきません。

 

強いファンが持つ感覚は「こんな娘が彼女だったら最高!」

何度もリピートしてくれて、たくさんお金を使ってくれる、そういった強いファン心理を持つ男性は相手のチャットレディに対して「こんな娘が彼女だったら最高!」ぐらいの感情を持っているはずです。

お仕事感が出過ぎていたり、誠意が足りなかったり、誰にでもへっちゃらでエッチ系を見せる印象が強ければ、疑似恋愛の感覚なんて持てません。

 

みんなが自分のものにしたい!!と取り合うぐらいのチャットレディになれば、ランキングにも入れるほど売上は伸びていきます。

チャットはガチの恋愛の場ではないですが、男性の恋愛感情を意識してかんがえてみれば、どう振る舞えば男性に選んでもらいやすか?支持してもらえるか?を考えやすいと思います。

 

なお、アダルト専門で最も報酬の高いDX LIVEでは、待機からセクシーなアピールをする人も多いですが、DX LIVEでも基本は清純に見せる方がウケます。

DX LIVEでファン・リピーターを多く獲得できれば月100万円以上も目指せますので、アダルトが出来る方はぜひDX LIVEにチャレンジしてみて下さい。

 

応募・お問い合わせページへ

前のページへ戻る

 

最新記事