ノンアダルトのチャットレディって稼げるの?リアルな現実をお話します|DX LIVE 求人ガイド

求人応募ページへ

月収100万円以上多数

ノンアダルトのチャットレディって稼げるの?リアルな現実をお話します

チャットレディのお仕事に応募する方のほとんどは未経験からのスタートです。

チャットはノンアダルト、人妻系、アダルトというジャンルに分かれますが、希望を聞くと「できればノンアダルトで」という方がほとんどだと思います。

 

誰もがノンアダルトで稼げるなら、それが一番と思うのは当然の事ですが、実際のところノンアダルトでも本当に稼げるのでしょうか?

現場のリアルな現実をお話します。

 

ノンアダルトでもエッチ系は求められる

ノンアダルトのライブチャットでも男性が使うお金は1時間で6,000円〜9,000円と高いです。

その気になれば、キャバクラや風俗にもいけてしまう料金がかかるので、ノンアダルトに来る男性も世間話だけでは満足してくれない事も多く、エッチ系の会話をしたがる男性はお多いのが現実です。

また、アダルトに出演している女の子よりも、ノンアダルトに出演しているピュアな女の子を口説いて脱がしたいと考える男性も結構いるので、エッチ系のリクエストも結構きます。

そこに対応するかは女の子次第なのですが、人数を集めて効率的に稼ぐために、ノンアダルトでも軽めのエッチ系に対応する女の子は沢山います。

 

ノンアダルトで会話オンリーで稼げる女の子は、芸能人、アイドル並みのルックスの女性だけ

ノンアダルトで会話オンリーでも男性が満足・納得してくれて、ファン・リピーターを作ることができる。

そんな女の子は、芸能人・アイドル並みのルックスを持っている子だけでです。

学校で言うなら、クラスで1番というレベルではなく、学年で一番可愛い。それぐらいのレベルだと思ってください。

残念ながら、かなり狭き門なんです。

 

芸能人レベルのルックスでも稼ぎの限界はあります

ただし、会話オンリーの場合、人気になっても2SHOTで長く話すというパターンにしかならないので、時給としては平均2,500円〜3,000円程度が限界値となります。

長い時間勤務しないと月収30万、50万というレベルは目指していけません。

 

アイドル並みのルックスの女性がノンアダルトで軽いエッチ系をするとそれなりに稼げます

なお、芸能人・アイドル並みの女性がノンアダルトで軽いエッチ系のパフォーマンスをすると、夜などの稼げる時間帯であれば10人ぐらい人が集まることもあるので、時給7,000円〜8,000円ぐらいは目指すことができます。

もし、それをやる場合でも清純でピュアなイメージは崩さないようにする事をおすすめします。

 

それなりにレベルの高い女の子でもエッチ系がないと厳しくなる

人生で何度も告白されている、その気になれば彼氏なんていつでも作れる。

そんなレベルの女性でも、ノンアダルトで稼ぐのが簡単ではありません。

申込みの取りやすい新人期間はまだ良いのですが、新人期間を過ぎるとエッチ系のパフォーマンスがないと厳しくなっていきます。

 

結局、ノンアダルトでも稼ぐためにエッチ系のパフォーマンスをする事に

ノンアダルトで始めは会話のみの方針だった女の子も、稼ぐためにエッチ系のパフォーマンスを解禁していく子は多いです。

結構レベルの高い女の子でもエッチ系をするので、多少やらないとファン・リピーターを作れないというのが現実だったりします。

 

ノンアダルトでのエッチ系に慣れた女の子は自らアダルトに切り替えることも多い

ノンアダルトを続けて壁にぶち当たり、エッチ系を解禁した女の子が、それに慣れると自らアダルトに切り替える子も結構多いです。

どうせ同じことをするなら、報酬の良いアダルトに出演した方が稼げるというシンプルな考え方ですね。

 

結局、わかりやすく稼げるのはアダルトジャンル

ノンアダルトで稼ぐのは狭き門なのですが、アダルトなら、芸能人レベルの女性でなくてもかなり稼げます。

また、目元から下を映したり、マスク出演でも稼ぎやすいので、顔バレ対策もしながら出演することができます。

 

ですので、ルックスに自信がなくても、雰囲気がある女性やスタイルの良い女性など、武器があれば稼げるんです。

 

アダルトに挑戦する場合は、業界TOPのDX LIVEが間違いなく最も稼げるのでオススメです。

 

業界最高報酬だからハードルが高いという事ではなく、男性ユーザーが多いほど、色んな好みを持つ男性が多いという事なので、どんな女性にもチャンスが広がるということです。

報酬単価もアダルトの中で最も高いので、アダルトに挑戦するならDX LIVE 1択という事を知っておいてください。

 

 

応募・お問い合わせページへ

前のページへ戻る

 

最新記事