チャットレディで顔出ししない場合のプロフィール写真のコツ|DX LIVE 求人ガイド

求人応募ページへ

月収100万円以上多数

チャットレディで顔出ししない場合のプロフィール写真のコツ

チャットレディで顔出しできた方が有利なことはわかっているけど、どうしても顔出しできないという女性もいると思います。

今回は、その場合のプロフィール写真のポイントについて解説していきたいと思います。

 

胸元より下だけ映したプロフィール写真は弱い

まず、よくないパターンとしては、顔は一切入れずに胸元より下だけを映した写真をプロフィールに設定することです。

これでは顔の雰囲気が全く伝わらず、申し込みが取りにくいですし、申し込みが取れたとしてもファンになってもらう事は難しいです。

 

スマホのカメラアプリを活用しよう

プロフィール写真は、ビューティープラスやB612などのカメラアプリを使って撮影しましょう。

それだけで盛れますし、違った印象になります。

ちなみにsnowはシャーがかかったボケた写真になりがちなので、オススメしません。

 

雰囲気が伝わるプロフィール写真を準備しよう

片目だけチラッと入れる

カメラアプリで、加工フィルターを軽く設定して片目だけチラッと映る感じで写真を撮ってみて下さい。

それだけでパッと見は本人とわかりにくい写真がとれることが多いです。

 

目が映っている方が顔の雰囲気がわかるので、圧倒的に申し込みが取りやすくなりますし、ファン・リピーターも作りやすくなります。

 

横顔を取る

目をつぶっても良いですが、横顔を映すだけでもパッと見で本人とわかりにくい写真を取ることができます。

セルフタイマーを使うか、誰かにとってもらう必要がありますが、試してみて下さい。

 

目がギリギリ映らない鼻筋から下+スタイル

スタイルが良い方は、少し引いた絵で目元から下(目がギリギリ映らない)ように、さらにスタイルの良さが分かる写真を撮ってみて下さい。

顔がハッキリわからなくても輪郭やスタイルから美人な雰囲気や可愛い雰囲気を想像してもらえると、しっかり申込みが取れます。

 

まとめ

プロフィール写真は最初に男性会員の目に触れる部分です。

申込みに直結しますので、男性の興味をひく写真を意識して準備するようにしましょう。

 

応募・お問い合わせページへ

前のページへ戻る

 

最新記事