スマホで稼ぐならチャットレディ一択な理由。メールレディ・テレフォンレディとの比較も|DX LIVE 求人ガイド

求人応募ページへ

月収100万円以上多数

スマホで稼ぐならチャットレディ一択な理由。メールレディ・テレフォンレディとの比較も

PCは無いし、在宅でスマホだけで稼げるお仕事はないかな〜?と探してみても、実際にしっかり稼げるお仕事はなかなかありません。

記事や広告、アプリのインストール等でポイントを貯めるタイプのお小遣い稼ぎサイトも、かなりの時間を費やしてもせいぜい月に5,000円程度です。

SNSを活用した新しいお小遣い稼ぎのようなサービスもどんどん出てきますが、労力に見合った報酬を得られる仕事はほぼありません。

 

そして、稼ぎを重視する女性が行き着くのは、メールレディ、テレフォンレディ、チャットレディ等のお仕事です。

 

メールレディの単価は1通20円〜40円程度

まず、メールレディの単価はメール1通20円〜40円程度です。

「月に1000通やり取りすれば2万〜4万円か〜〜」と考える人もいるかもしれませんが、1000通のやり取りはかなり大変です。

 

そして、残念ながらひっきりなしにメールが届いてやり取りできるわけではありません。

メールのやり取りだけで稼げるのはせいぜい5,000円〜10,000円程度です。

 

テレフォンレディは1分40円〜60円程度

テレフォンレディは、メールレディのサイトにセットになっているケースも多いですが、申し込みを待って電話でお話するスタイルになります。

メールよりも分数を稼いで、1回あたりの報酬は伸ばしやすいので、30分話して1200円〜1800円ぐらいになるケースは結構あります。

 

ただ、電話待ちの時間が長いので、ほとんどの女性が待機状態でスマホを放置して、家事をしたり、ドラマを見たり、他の事をしています。

いつ申し込みがあるかわからない電話をひたすら待つのは結構過酷ですし、せっかく電話がきても、タイミングが合わないというケースもあったりします。

 

テレフォンレディも月にするとせいぜい2〜3万ぐらいしか稼げない事が多いので、残念ながらお小遣い稼ぎのレベルを超える収入にはなりません。

 

チャットレディは1分30円〜250円。集まる人数次第でそれ以上も!

チャットの報酬はノンアダルト、アダルトなどのジャンルによって差がありますし、2shotかパーティー(マルチ)かによって報酬が変わります。

2SHOT主体で出演する方の場合、ノンアダルトで時給2,500円〜3,000円程度、アダルトで3,000円〜4,000円程度の報酬となります。

 

パーティー(マルチ)チャットの場合は、同時にチャットする男性の人数分の報酬をもらえるので、報酬に上限はありません。

あまり人数を集められない人は2shotよりも低い報酬となりますが、人数を集められる女性は1時間で5,000円〜10,000円ぐらいを稼ぐ女性もいます。

 

人気になれば人数が集まって時給がどんどん上がっていくので、最もやりがいがあり、月収30万〜50万はもちろん、100万以上も目指すことができます。

チャットレディの業界トップは月収300万円〜500万円レベルですので、メールレディやテレフォンレディは次元が違うお仕事といえます。

 

男性の満足度を考えればメールや電話だけでは稼げないのは明らかです

今や、インスタライブ、ツイキャス、17Live、ミクチャなど、可愛い女の子の配信を見れるサイトやアプリは沢山あります。

投げ銭スタイルの配信でも無料視聴は可能なので、無料で好みの女の子とコミュニケーションができる場があるわけです。

 

そんな中で、会う前提ではない、メールや電話のみのやり取りで稼ぐのは残念ながら難しいですよね。。

やはり稼ぐためには、映像付きでの出演が必須になります。

 

チャットレディは顔出ししない出演も可能

なお、チャットレディの場合、マスク出演や、目元から下を映すスタイルなど、完全に顔出しせずに出演することが可能で、それでもしっかり申し込みは取れます。

映像=顔出し必須というわけではないので安心してください。

 

業界最高報酬のDX LIVEならスマホで在宅出演が可能です

チャットレディの中で最も報酬が高く、在宅に特化しているDX LIVEではスマホ出演も可能になっているので、チャットレディを始めるならDX LIVEが最もオススメです。

サポートも充実しているので、初心者でもスムーズにお仕事をスタートすることが可能です。

 

メールレディやテレフォンレディで稼げなかった方は、ぜひチャットレディにチャレンジしてみてください。

顔バレ、身バレ対策をして安全に稼げるお仕事です。

 

応募・お問い合わせページへ

前のページへ戻る

 

最新記事